« My Life ~クリントン前大統領からアメリカの政治を語ってもらおう | トップページ | Mean Genes - いじわるな遺伝子。なぜ私たちは食欲・金銭欲・性欲をコントロールできないのか? »

March 26, 2005

The Millionaire Mind ~ 幸せに生きている人の心がけとは何か

The Millionnaire Mind

The Millionaire Mind(要約版)
The Millionaire Mind(完全収録版)

以前紹介したとなりの億万長者~The Millionaire Next Doorの続編になります。作者も同じです。邦訳は「なぜ、この人たちは金持ちになったのか」という題名で発売されています。

前作の「The Millionaire Next Door」がお金持ちの人たちをかなり具体的に統計処理を行いながら、その特徴やライフスタイルをこまかくひもといたのに対し、今回はどちらかというともう少し個別具体的な事例やインタビューから、「お金持ちになるための心構え」をコツコツと導き出しています。

一作目も十分おもしろい内容でしたが、さらにより具体的になっており、かつ単なる「お金持ち論」に止まらず、かといって「7つの習慣」や「結果と原因の法則」のような概念論ではなく、実際の人たちがどうやって一代で幸せを築いたかという具体論になっていて、「へー、ほー、ふーーん」と耳が痛い内容ながら、納得できる内容になっています。

特に印象的なのは、「なぜ学校の成績がいい人たちが成功できず、必ずしも秀才ではなかった人たちがしっかりと社会で成功しているのか」ということを繰り返し、繰り返しその原因をひもといている部分です。

作者が得た結論は非常にシンプルで、着眼を変えることと、リスクを取る勇気を持つことを推奨しています。例えば、学校の成績がよかった人たちは、リスクを取るようで取っていません。

Aクラスの成績を取った人たちは難しい試験を受けて弁護士になり、医者になり、大企業に入ったりする。そこで何が起きるのか。世の中で成績がよかった人たちだけがそこに集まるので、過当競争をするから、成績と収入が必ずしもリンクしません。

一方、お金持ちになった人たちは必ずしも成績がよかったわけではありません。しかし、よい着眼点があり、誠実さがあり、自己をコントロールする精神力があります。社会性が高く、配偶者にも恵まれています。

このような話を概念論だけだと間が抜けるのですが、Aさんは、Bさんは、Cさんは・・・とコツコツと具体的な事例が延々と続くので、妙な説得力があります。

人生の幸せ、少なくとも「財をなす」という点については、どこでリスクを取るのか、というのが大きな決め手になると言うことが身にしみてよくわかる内容になっています。

もっとも、それも「運まかせ」ではなく(お金持ちの大半の人たちは、運は自分の財をなすことに対してほとんど影響がなかった、と言い切っています)、そのようなよいポジションを見極め、掴めるリスク・テーキング能力を自分の誠実さ・自己規律・周りへの愛情で引き寄せるのか、これまでに聞いた・読んだ本の中ではもっとも説得力がありました。

ちなみに、完全朗読版ですと13時間くらいかかる大作です。そこまで時間をかけずにちょっと聞いてみたい、という方は要約版をどうぞ。ただ、あの妙なまでの説得力は完全朗読版の方がよりあるかもしれません。

お金持ちになるには、と気構えて読むと言うよりは、上手に人生を幸せに生きるためのコツをつかむには、という感じで気軽に聞いてみるのにお勧めします。

2005 03 26 [3.英語-Audio Bookのお勧め] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: The Millionaire Mind ~ 幸せに生きている人の心がけとは何か:

コメント

投稿者: ようへい (Mar 27, 2005, 1:03:33 AM)

ムギさん

いつも貴重な情報ありがとうございます。

本で「The Millionaire Mind」は読んだことがあるのですが、音声テープが存在することを知らなかったので、驚きでした。

本を読んだ時は、まさに目からウロコでした。多分、自分の金持ち像と現実の金持ちの世界があまりに違っていたために驚いたのだと思います。

テープの場合は、情報としてよりも感性として体に入ってくる感じになると思うので楽しみです。奥深く、微妙な感性の世界を伝えるには、音声媒体のほうがよいのではないかと思っています。

最近、受け取ることの美学を考えるのですが、お金持ちの世界とは稼ぐではなく、受け取る世界。

”人格を作り、受け取る”そんな世界であると想像していますので、ムギさんの説明にとても納得できました。

毎回レヴューを楽しみにしています。
ありがとうございます。

投稿者: ムギ (Mar 27, 2005, 11:55:21 AM)

ようへいさん、こんにちは。

こちらこそ、日本でもうあの本を読んでいる人がいる、というほうがびっくりでした。

そうですね、音声テープ系はアマゾンとかAudibleをちまちまと見ていないと、なかなか単独では情報が入りにくいし、あとだいたい出版してから1-2年たってから突然音声が出るケースもあるので、情報取得が難しいですよね。

受け取る、というのはとてもわかりやすく、おもしろいと思います。ほんと、そんな感じでうまくいくといいのですが。

こちらも毎日試行錯誤です。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く






カテゴリー