« 英語はリスニング力=発音力だということを学ぶ | トップページ | My Life ~クリントン前大統領からアメリカの政治を語ってもらおう »

March 12, 2005

As A Man Thinketh~聖書に次ぐベストセラーを音声で学ぶ

As a man thinketh

As a Man Thinketh

今回は、1902年に出版され、聖書に次ぐベストセラーと言われる「As a Man Thinketh」のAudio Bookを紹介します。

邦訳は「原因」と「結果」の法則という題名で出版されています。

作者のジェームズ・アレンは1900年前後に活躍した哲学者で、ナポレオン・ヒル、カーネギー、ナイチンゲールなどにも強い影響を与えたと言われています。私もジェームズ・アレンの本を初めて読んだのは1997年ですが、「7つの習慣」以上に強い衝撃がありました。

この本のオーディオブックは絶版になっていたのでずっと入手をあきらめていたのですが、ふと検索してみると、別のAudio Bookとセットになったものを売っていたので購入しました。セットでも1,500円未満ですので、それほど割高感はありません。

簡単に内容を紹介すると、「私たちは心の中で考えた通りの人間になり、周りの環境は自分の思いの具現化である」ということを丁寧に説いたものです。

作者は冒頭で、自分自身の思い、心こそが人格を形成し、周りの環境という衣を身の回りで作っていく。そして、それこそが絶対法則であると言うことを説きます。

私がこれ以上紹介すると陳腐になってしまうので、詳しくは日本語または英語を読んだり、聞いていただきたいと思います。英語で30ページ弱、邦訳でも、50ページ前後の小さな本です。

なお、ジェームズ・アレンはこの本について、イギリス以外の国での著作権を放任してきたため、書籍版以外にも無償で配られており、ネットでは下記で全文のダウンロードが可能です。

日本語-"考えた通りに - AS A MAN THINKETH -"
英語-http://asamanthinketh.net/

特に、日本語のサイトは高橋さんというオーナーの方が無償で翻訳をして、全く商用目的ではなく供給しているものですので、ダウンロードしたらぜひ、一言感謝をお伝えください。

読むたび/聞くたびに新しい発見がありますので、私はまだ作者の言いたいことの半分もわかっていないのだと思います。しかし、いろいろなタイミングでもう一度振り返るのと、そう言うことだったのか、ということがわかります。

身近な例で言いますと、環境に文句を言っていても、あるいは他人が変わってくれることを望んでも始まらず、環境を変えるために自分は何ができるのか、その他人のために自分が何ができるのか、という発想が、この本を通じて得られるようになると思います。

これまでジェームズ・アレンを読んでいた方にはもう一度振り返るという意味で、そうでない方には入門編として、CD2枚組で簡単に聞けるものなので、お勧めします。こころにぐっとひびく内容がきっとあるはずです。

2005 03 12 [3.英語-Audio Bookのお勧め, 8.自己研鑽・Selfhelp] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/3266210

この記事へのトラックバック一覧です: As A Man Thinketh~聖書に次ぐベストセラーを音声で学ぶ:

» 主体性の本質とは? from 経済自由人の感性を分かち合うBlog
マトリックスの続編『マトリックスリローデッド』から得た 気付きを分かち合います。 今回も長文にな... 続きを読む

受信: Apr 7, 2005 1:46:59 AM

コメント

投稿者: suzuki (Apr 5, 2005 1:20:29 PM)

>、「私たちは心の中で考えた通りの人間になり、周りの環境は自分の思いの具現化である」

As a man thinkethってそういう本だったんですね。
さっそく読んでみたいと思います。
貴重な情報ありがとうございます。

投稿者: ムギ (Apr 5, 2005 11:16:13 PM)

suzukiさん、こんにちは。

そうなんです。この本を偶然、初めて手をしたのはもうずいぶん前ですが、すごい衝撃でした。

いまも、ダウンロード版を持ち歩いたり、会社においていて時間があるときに読み返しています。

ぜひ、お楽しみください。

コメントを書く






カテゴリー