« このブログの人気商品ベスト3(2004年10月集計) | トップページ | BOSEのQuietComfort 2を買ってみました »

November 03, 2004

マーケットの魔術師~Winning Methods of The Market Wizards

マーケットの魔術師~Winning Methods of The Market Wizards

market_wizards.jpg

これはマーケットの魔術師という名著を書いたシュワッガーが相場で、強いては人生で成功するためのポイントを解説するセミナーです。マーケットの魔術師は相場関係の人であれば、目を通したことがあると思います。

私はこのDVDは外国投資系の中ではとても好きなセミナーで、何回も見ています。株式や債権投資をやっていて、なぜ損ばかりするのだろう、と悩む方にお勧めします。

シュワッガーはマーケットの魔術師の中で、市場で成功するトレーダーたちがなぜ成功しているのか、非常にていねいなインタビューを行って、成功のパターンを解明してきました。本人も結果、非常に優秀なトレーダーになりました。

このセミナーの中で、さらにシュワッガーは「一朝一夕に成功するような秘訣はなく、それぞれの性格や強みにあったパターンを天才と言われている人たちは身につけているのだ」ということを、ていねいに、ウィットに富んだ説明と共に解説していきます。

例えば、以下のアナロジーがまったその通り、と思いました。

「株式市場で継続的に成功するのは脳外科手術に成功するほど難しいことなのに、なぜ正常な人が週末に『あなたも脳外科手術のプロになれる』という書籍を読んで、週明けに手術ができるなんてこれっぽっちも思わないのに、『あなたも株式市場で200万ドル儲けられる』だと、週明けにすぐに儲かる気になってしまうのか、非常に不思議でしょうがない」

実は、私も上記についてはちょっと反省です。私は25-28歳まで、円金利のトレーダーを一応プロとして行っていました。そのきっかけは、そもそも当時のジョージ・ソロスの活躍や、シュワッガーの本を読んで、自分でもできるような気になってしまったからです。

しかし、その成績と言えば、クビになるほどではありませんでしたが、華々しい成功とは全くかけ離れたものでした。そして、早々にトレーダーを辞めてコンサルタントやアナリストになったわけです。

今思うと、それは当たり前で、そもそも基本がわからないまま、自分も儲かる気になってやっていたからです。結局は、自分がどうやっても信じられる・しかもコンスタントに60%位は勝てる分析があるか、それに従ってしっかりとマネー・マネジメントができるか、の2点が必要でしたが、どちらもなかったと思います。

現在は担当しているセクターについては、少なくとも将来像も状態もわかっているつもりだし、人が別のことをいっても自分の方が情報があるからと感じ、まったくぶれません。しかし、それには6年間のそのセクターでの積み重ねがあったわけで、それがなくして相場につっこむのは、愚かなことだったと思います。

結局、物事を判断する、ということの根っこはすべて同じだし、日々これ努力、で得意技を磨いていくことの大事さを教えてくれるDVDになっています。相場にちょっとでも興味がある方、お勧めします。

2004 11 03 [4.英語-講演のお勧め7.投資・ファイナンス関連] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: マーケットの魔術師~Winning Methods of The Market Wizards:

コメント

コメントを書く






カテゴリー