« 歩数計(万歩計)は音声学習と相性がいい | トップページ | All Aboutのビジネス英語のコーナーに登録されました »

October 25, 2004

MDでコンパクトに標準化して管理する

CDやカセットをMDに落とすと管理が簡単になるということを以前の記事で紹介しましたが、百聞は一見にしかず、そのイメージの写真を載せます。

ラベル例
md_label_large.jpg
(クリックすると、より大きな画像になります)

タイトル例
md_title_large.jpg
(クリックすると、より大きな画像になります)

ポイントは、なるべくラベルを楽しく、わかりやすく作ること。私は実際のパッケージをスキャンして、MDのラベルにカラープリンターでプリントアウトして貼り付けています。

i-PodのようなHDD系のミュージックプレーヤーにまとめて入れたほうが便利だと考える方もいると思います。しかし、私は歴代3台のそういったプレーヤーを使ってきましたが、とうとう使いこなせませんでした。

その理由は以下の3つだと分析しています。

1.ストレージへの出し入れに時間が長いし、いちいちPCを立ち上げるのが苦痛。MDなら録音はワン・プッシュ。
2.ストレージに何を入れたのか、忘れてしまう。MDはラベルを見て思い出せる
3.電池が持たない。MD系なら、4日~1週間は充電しなくても平気。

この音声で勉強しよう、という発想も右脳と左脳を組み合わせた学習方法ですが、その道具も古い技術と新しいものをほどよく組み合わせるのがよいようです。

2004 10 25 [2.音声学習のこつ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: MDでコンパクトに標準化して管理する:

コメント

コメントを書く






カテゴリー