おはようございます、勝間和代です。

ここ数日、親指シフトのことをメルマガに書いたところ、ぼちぼちとtwitterその他で、親指シフトのことが話題になっているので、ブログにも上げたいと思います。

まず、親指シフト、知らない人が意外と多かったり、私の著書やメルマガ知った、という人が多いので、もう一度説明しますと、富士通が昔、開発した入力方法で、

「ひらがなをホームポジションのままだすため、二つの指で同時打鍵すること」

が特徴です。

なんせ、アルファベットは26文字ですが、ひらがなは47文字。ということで、約倍ありますから、ふつうにカナ入力しようとすると、とんでもないところのキーまで使わなければならないので、そうするとタッチタイピングもしづらいし、ミスタッチも増えます。

だからといって、ローマ字で入力しようとすると、やたらめったら、文字数が多くなる。ただでさえ、日本語は経済的には非効率なのに、さらにタイピングまで文字数が多くなってしまうと、ますます大変です。

そこで登場するのが、「親指シフト」。

いわゆる、プロ作家には愛用者が多いです。だいたい、ローマ字の6割くらいの打鍵数ですみます。原理は簡単で、ふつうに打つキーはふつうに打ちますが、例えば

「あ」

だと、

本来、そのまま打つと

「し」

がでてくる

「S」

のキーを、左手の親指と、親指と、左手の薬指を同時に打鍵することで、

「あ」

を出すのです。また、

「た」

「E」

なので簡単に出ますが、ここで

「だ」

を出したいときには、Eのキーと右親指キーを同時に押します。

とにかく、何がいいかというと、いちいちローマ字に変換する頭のエンジンを節約出来るので、

「思考のスピードで打鍵出来る」

ことです。指がしゃべるキーボードとも言われています。

私は実は、1週間もかからずに習得してしまった(ローマ字入力に追いついた)のですが、そのことを説明したら、実はそれが大不評。通常は3ヶ月から半年ほど、かかるそうです、ローマ字に追いつくの。

ちなみに、なぜ私がローマ字に追いつくのが早かったかというと、小さい頃から、長年

「エレクトーン」

を習っていたからだとあとから気づきました。エレクトーンの和音やリズムを取って、左右で違う指で押すことに比べたら、正直、親指シフトはかなり簡単だったからです。なんせ、一度に2つしか指を使わない。エレクトーンだと、2つと言うことはまずなくて、だいたい、どちらかか、両方の指で和音していますから(苦笑)。

いずれにしても、ローマ字入力に不満を持っている方、職業作家になりたい方、ぜひ、親指シフト(あるいは、類似の同時打鍵系の入力方法)、ご検討ください。

専用のキーボードは必要なく、エミュレーターといわれる専用のソフトがあればだいじょうぶです。最近は、少しずつですが、iPadでもできるようになりました。

より詳しい情報はメルマガにたまに流しますので、よかったら、ご登録ください。

勝間和代 無料メルマガバックナンバー-勝間和代オフィシャルサイト|Kazuyo Katsuma Official Site

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

Ws000018

えーーー、週刊誌になにを言われようと、相変わらず、麻雀やっています。勝間塾でも麻雀クラブ、発足しました。

ただいま、鳴きの練習中です。オンライン麻雀ではそこそこなんとかなっていますが、リアルだと、見逃してしまうのが悩みどころです。

訓練なのでしょうか。がんばります!!


| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

7月10日、TBS系アブナイ夜会で勝間塾の様子が放映予定です。オフ会の様子が中心ですが、講演会の様子も出る予定です。

勝間塾がどういうところか、興味をもっていただけましたら、ぜひ、下記のサイトをご覧ください。

勝間塾-勝間和代オフィシャルサイト|Kazuyo Katsuma Official Site

説明会などの情報は、無料で毎日届くメルマガでお知らせします。
勝間和代 無料メルマガバックナンバー 5/19-5/25-勝間和代オフィシャルサイト|Kazuyo Katsuma Official Site

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

今朝、ツイッターで教えてもらって、はじめてココログ、スマホから投稿しています。習慣になると楽しそうです!

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

こんにちは、勝間和代です。

昨日発売された週刊新潮にこのような記事が出てました。

【ワイド】雨に唄えば
(1)親戚が初めて明かした「松田聖子」再々婚夫の家族の捨て方
(2)嵐「櫻井翔」のパパが総務省「次の次官」大本命!
(3)赤旗まつりの客寄せパンダになった「八代亜紀」の資本論
(4)「井川意高の父」が訴える大王製紙幹部の「創価学会」含有率
(5)いつの間にか麻雀プロに転身という「勝間和代」の分裂傾向
(6)激昂「内田裕也」が書いて消した「樹木希林」への啖呵

最近、私がブログなどに詳しく麻雀の様子をアップしたり、最強戦という試合に出たことに基づくもので、内容を読みますと、ふつうに事実が淡々と書かれていますが、タイトルで誤解があるのが

「麻雀プロに転身」

については、もちろん、弊社の方で明確に否定しています。経済評論を引き続き行っていきますが、先日ブログにアップしたとおり、Maru-janでオンラインプロの認定をいただいたのは確かですし、来年も最強戦は出場したいと思っています。

また、最強戦や、モンド杯の解説のお仕事もいただいて、こちらも楽しく行わせていただいています。

これからも、麻雀は趣味のひとつとして、また、確率論や経営論の勉強のためのケーススタディとして、活用させていただきたいと思いますので、どうか、よろしくお願いします。

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

ここ最近、いろいろ仕事のトラブルでパソコンがなくて困ったことがあったので

(Google Driveの同期がうまくいっていなくて、マウスでそれをポチするためだけに、ゴルフ場から1時間以上かけて戻ったり)

久々にパソコンを持ち歩くことにしました。なんせ、ふだんの用事、ちょっとしたメールの返信や、カレンダーの確認はほとんどスマホでできるため、パソコン、家に置いておくことが多かったのです。

そして、パソコンを持ち歩かなくなったことで、一番犠牲になっているものは何だろうと思っていて、気づかなかったのですが、なんと、なんと

「ブログの更新」

でした。もちろん、メールでも、スマホでも、更新しようと思えばできるのですが、やはり、もともとが例えばここのココログの場合、PCの画面で更新することが前提になっていますから、いまいち使いづらい。

で、いま、このブログは、国土交通省の最上階の喫茶室で、

ご説明→本会議

の合間のすきま時間にアップしているのですが、こういうときに、パソコンがあれば、このようにさくっとブログを書くことができるわけです、なるほど。

ちなみに、こういう会議です。

社会資本整備審議会:基本政策部会 - 国土交通省

こういう所で、一応コツコツと、国の政策が決まっていきます。

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

こちらで、なるべく自宅でちょこまかと運動するという話を書きました。

1週間に1回のジムより、1日15分の自宅運動- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

ふと思い立って、ついでに、ジムでも1時間とかじゃなくて、好きな時間だけ、ちょこちょこと運動する方法に変えてみました。

(前回の記事で、行きたい放題を解約したのは、2つ契約があったうちの1つで、もう1つはそのまま会員契約が行きたい放題になっています)

具体的には、

-着替えない
-お風呂に入らない

という感じで、汗のかかない程度の運動をちょこちょこするのです。

で、ちょっとストレッチポールに乗ったり、振動エクササイザーにのったり、マシンを10セットくらい、ちょこちょことやっておしまい。

その代わり、週に数回くらい行く。

そのときに秀逸なのが、実はゴルフウェア(笑)。街を歩いても支障がない程度には整っていて、運動もそれなりにできます。

そうすれば、ジムの駐車場に車を止めてから、出てくるまで30分からせいぜい45分です。

私が登録しているジムは、うちよりかなり都心よりにあるので、仕事の行きや帰りにも、ちょこまかと寄ることができます。

コンセプトは
「間食をするように運動する」
です(笑)。

読書もちょこちょこと隙間時間に読んでいますので、同じように、運動も隙間時間にするよう、いろいろなスタイルを試してみたいと思います。

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

腰痛と首痛から反省して、毎日

-ジョーバ
-振動エクササイザー
-ぶら下がり健康器

を使っています。1日15~20分くらいでしょうか、合計。

そして、1週間ぶりくらいにジムに行って、いろいろとアウターとか骨盤回りとか、肩胛骨を伸ばしたら、あれ、意外と痛くない。というか、これまでは1週間あけると、体がピキピキという感じで伸びたのですが、なんか、すごくスムーズに動きます。

「おーーーー、おうちジムがかなり効果を上げているんだ」

と気づいてびっくりでした。よく考えたら、

-7日に1回1時間

より

-毎日15分

のほうが、よほど長いんですよね、運動時間。

なので、思い切って、1ヶ月行きたい放題の契約を、1回いくら、にしてきました。これで、わざわざジムにいかなくても、おうちで運動すればいいことになります。

あれ、ひょっとして、この前ゴルフで突然、思ったことができたのも、ひょっとして体が動いているせい? とも気づきました。

とりあえず、すきま時間にチョコチョコ運動することにします。

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

今日は、ここ1年ちょっと通っているゴルフのオンコースレッスンでした。そこで、突然まともにゴルフができるようになったので、忘れないうちに、気づきをブログにまとめます。

こちらのオンコースレッスンには、だいたい月に1~2回のペースで行っているのですが、少人数に複数のコーチについて、いっしょにコースを回りながら、丸一日、いろいろな打ち方を習うものです。

レッスンに使っているコースが、石川遼プロの家があることが有名なブリストルヒルという難しいコースで、もう、昨日までの私の腕だと、簡単にダブルボギーとかトリプルボギーとかが出るコースです。なので、最近は、平均的な難易度のコースならなんとか100前後で回れているのですが、ブリストルだと簡単に110とか120になっていました。ボールもだいたい、池や谷やブッシュにいれて、1日に6個はなくしました。

さらに、今日は、朝一番からゴルフ場集合だったのですが、なんと、ゴルフ場に行ってから、私の有料メールの配信トラブルに気づいて、片道1時間かけていったん帰宅、無事、配信を終了して、お昼にまたブリストルに戻りました。なので、レッスンは1日のはずが、半日になってしまいました。

そしてお昼を食べてから、午後は、生徒4人にコーチが3人付いて、インコースを回りながら、グリーン回りなどでレッスンをしてもらいました。その時に、インの最初の10ホール目を回ったときには、まだ開眼前で、いつもの通りの4on 2パットのダブルボギーペース。まぁ、あいかわらずのスタートだったのですが、そこのグリーン回りで

「アプローチの打ち方」

をコーチが徹底的に教えてくれました。平たくいうと、

「腕を動かすのではなく、クラブヘッドを動かしまょう」

という話です。ほとんどの人のほとんどのミスは、

「ゴルフクラブではなく、クラブを操作する方の腕だけを積極的に動かしてしまって軌道がずれる」

という説明をていねいにしてくれました。だから、重力加速度を使って、腕はクラブが加速するのを待たないといけないという説明です。それは、アプローチだけではなく、パターもドライバーも同じです。この原理原則を守ることが、正確なショットを打つための大前提なわけです。

私、この説明、1年前にこちらのスクールに通っている頃から、おそらく、何十回、何百回と聞いていたと思うのですが、そして、その重要性もそれなりに理解していたつもりだったのですが、どうしても

「言われたとおりにできない」

という悩みがあって、相変わらず、自分でクラブ操作をしまくって、右に左にと飛び散りまくっていました。

と、ところが、なぜかそのあと、11ホールから回り始めたときに、できるようになっていたのです。この、言われていたことが!! 重力加速度を中心に、自分の力をなるべく加えずにクラブを振る、というそのやり方が、です。

ほんと、なんか、唐突に、腕やグリップを積極的に動かすのではなく、グリップを中心にクラブが重力で落下しながら回転するイメージがつかめて、そこから、ハーフラウンド、ショットがほぼ、私なりには

「ノーミス」

でした。

ノーミスというのは、ダフりやトップがないのはもちろんのこと、ほぼ、クラブの番手通りの距離が出て、右や左もだいたいねらったところに行くようになったのです。それも、傾斜地とか難しいところでも、ねらった場所にきもちよく飛びましたし、そもそも、フェアウェイを外れないので、ほとんどラフショットをしなくてすみました。もちろん、ボールも1個もなくしていません。

そうすると、だいたいのホールはパーオンか、ボギーオンしますので、だいたいパットはさすがに1打では入らないけれども、それなりに寄って、次にOKをもらって楽にボギーあがり、大きなパターミスを1打して3パットになると、何ホールか1回ダブルボギー、みたいな感じで、ふつうにボギーペースで回れるのです。

ちょうど、スキーを自由にどこでも滑ることが出来るようになったり、英語が突然聞こえるようになったのと同じ感じなのですが、ほんと、ぽーーん、ぽーーーんとねらった方向にボールがちゃんと上がって飛ぶのです。私自身、キツネにつままれたようでした。

もちろん、まだちゃんと飛ぶことに慣れていないので、つい本来の距離より大きな番手を持ってしまってオーバーさせたり、3パットが出たり、まだまだ安定してパーとかボギー完璧とかいう感じではないのですが、それでも、方向はほぼ、ドライバーも含めてねらった場所に飛んでいきます。やっと、コースの中になぜ「フラグ」があるのか、理解しました。フラグの右とか、左とかねらうと、本当にそこに飛んでいくのです。

私もびっくりしていましたが、見ていた回りの人たちもびっくりしていました。

このスキルが定着すれば、なんか、やっと

「ゲームとしてゴルフをする」

ということのスタート台に立てるような気がします。どこに打つ、というのを決めて、そこに打てるようになるからです。

で、なんで、私が唐突にできるようになったんですか、とコーチに尋ねたところ、

「ああ、やはり、教えられた知識がたまっていって、そのような中で、自分で試行錯誤を繰り返していって、最後はそれらが合わさって知恵に昇華するんですよ」

と説明してくれました。なるほどーー。

確かに、勝間塾でも、自分の塾生にはずーーーっと、さまざまなスキル習得について、そうやって説明してきていますが(笑)、自分で体験すると、やはり新鮮です。そして、レッスンに行くたびに、ずーーーっと同じこと説明してくれているのなぁ、と申し訳なく思っていたし、多少飽きていたのですが(先生、ごめんなさい)、それでも、繰り返し説明すること、されることの重要性が骨身に染みてわかりました。

ほんと、長い間、ずーーーっと説明を聞いていて、試行錯誤を繰り返すと、どこかで、唐突に、できるようになるのです!! あとは、この感覚を忘れずに、定着させたいと思います。

ゴルフ科学研究所の佐久間馨先生、永江プロ、TEAM SAKUMAのみなさま、いっしょに習っているみなさま、本当にありがとうございました。

引き続き、定着するまで、がんばります!!

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

Ws000009

昨年10月に再開して、勉強をはじめた麻雀、今年に入ってから、オンライン麻雀のリーグ戦、そして、4月くらいから社会人競技リーグに参加して、プロから習い続け、やっと、Maru-janというオンライン麻雀で

「オンライン麻雀プロ」

の称号をもらえる成績に達しました。

でもまだまだ、ミスしてしまうし、つい、やってはいけないことをやってしまうので、

「人間は、失敗からしか学べない」

ということなので、がんばって失敗から学びながら、より上達したいと思います。

仕事も他のこともやりながら、なので、麻雀ばかりやって他のことがおろそかになってはいけないのでそのバランスをとりながら、ですが、楽しい趣味がひとつ増えて、とてもうれしいです。

引き続き、がんばります!!

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ