こんにちは、勝間和代です。

私は1日中、なにか原稿をパソコンで書いているので、けっこう、あっというまに肩甲骨と股関節が固まってしまいます。

で、最近取り入れていたのが

・Jobaをパソコンの椅子にする

なのです。

もう半年以上になりますが、少なくとも、それを実行してから、一度も深刻な腰痛になっていないから、けっこう効果があったのかとも思います。

あとは、移動もなるべく、車でしか行けないところ以外は車を避けています。歩き、自転車、キックボード、バイク、いずれにしても、パソコンの前でも、移動中でも

「背もたれに寄りかかる」

ということをなるべく避けるわけです。取材中やテレビ出演中などでも、背もたれに背中をつけないように、心がけています。

で、ここに、最近また増やした

「デュアルキーボード」

で肩甲骨が閉じない状態でキーボードを打てるようになりましたので、なかなか快適です。

写真で見ると、こんな感じになります。

10473574_10202065015267002_81646776

あとの改善点はマウスなのですが、こちらはいろいろエルゴノミクス系を試したのですが、まだこれといった決め手がありません。

まねする人がいるかどうかわかりませんが(笑)、参考まで。

キーボードはキレイにして、キーレストは新調しました。

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

こんにちは、勝間和代です。

そろそろ寒くなってきましたが、一昨年あたりから

・家の中で暖房をつけずに暮らす

というのをしています。

具体的には、エアコンや床暖房を使わず

・下半身、足には湯たんぽを履いて
・上半身はバイク用の電池で動くヒーター付きのインナーに軽いダウンジャケット

にするわけです。

なぜこんな事をするかというと

「部屋全体や、家の中を暖めるのが光熱費的にも環境的にももったいない」

ことと、あと

「こうしていると、家の中で暖房のかかっていない場所でも、あるいは外でも、気軽にいけること」

です。

よく、コタツに一度入ってしまうと、二度と出られなくなりますよね? あれがいやなんです。なるべく、自由に動けるようにしておきたいのです。

なので、寝るときも、湯たんぽを作って寝ています。

湯たんぽは、こんな感じです。

クロッツ やわらか湯たんぽ | 製品紹介 | ヘルメット潜水株式会社

お湯は最近はIHなどでは湯沸かしスイッチがあって、分数も温度調整もセンサーでお任せでやかんで湯沸かしできるので、助かっています。

湯たんぽを作るときのポイントは

・湯切りを厳密にしないこと
・お湯もいっぱいまでいれないこと

でしょうか。前者は、厳密に冷めた後で水を捨てようとすると、ちょっとでも残っているのが気になると面倒ですが、これも簡単でいいし、お湯もパンパンに入れるとやけどのリスクがあるので、適当でいい感じです。

湯たんぽはほんとうにすごいです。よかったら、ぜひ、試してみてください。暖房より楽です。

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

10394624_10202054357640568_23274457

こんにちは、勝間和代です。

自転車乗っていますか、とよく聞かれますが、相変わらずよく乗っています。ただ、しつこいですが、例のねんざ問題で、いろいろと自転車を含めた乗り物の見直し中です。

で、足に負担がかかる乗り物がいましばらく、おそらくこれから何ヶ月かくらい乗れないので、楽なシートポジションで、坂道の楽な自転車ほしいなぁ、と思って、電動アシスト自転車専門店に行ってきました。

で、みつけたのがこちら。本当はミニベロの電動を検討していたのですが、こちらのヤマハのブレイスを試乗してみたら、シートポジションは楽だし、フロントサスがよく効いていて腰や足に響かないし、その割にはスピードも出るので、店頭在庫をそのまま買ってきました。電動アシスト自転車を買ったのは、5年ぶりです(間にバイクやロードは買っていますが)。

まったくノーカスタマイズですが、一カ所だけ、タイヤを樹脂を詰めてノーパンクタイヤにしてもらいました。これで、空気抜け問題も解消です。

まだ自転車店から7キロほどの道を家まで乗っただけですが、何の不自由もなく帰ることができました。けっこう坂道もありましたが、右足もまったく痛くならず、ほくほくです。

「なんか、ねんざしてからの方が、勝間さん、元気ですよねーーー」

と言われる今日この頃ですが、瓢箪から駒で、あるいは、ねんざを奇貨として、とにかく、いろいろ試しているところです。

次はブレイスでどこか遠出してみます。楽しみーーー。

って、だからなかなかねんざが治らないことも内緒(笑)

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

こんにちは、勝間和代です。

実は私、ものすごく困っていることの一つに

「パソコンで原稿を書きすぎているため、肩甲骨が縮まってしまっていて、肩凝りがひどい」

ことです。

で、先日、親指シフトのorz配列を開発したものくろさんから、目から鱗が何枚も落ちるソリューションを習いました。それがこちら。

じじゃーーーーん

10548011_10202051619932127_25757027

なーーーーんと、キーボードを2つ使うのです。単に、USBに二つ刺すだけです。で、右手は右側、左手は左側のキーボードを使います。

そうすると、かなり腕を開いた状態で打つことになるので、自然と肩甲骨が広がる、ということです。

まだ試し始めたばかりなのでどうなるかわかりませんが、しばらく続けてみたいと思います。

で、左側は普通のHHKBなのですが、右側が静音タイプなので、左はカチカチ、右がスコスコと音がして、やや間抜けな状態になっております(笑)。

しかし、これでこれまでずっと悩んでいた肩甲骨問題が解決するといいなぁ。すごいです。

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

(このコラムは、オンライン麻雀 Maru-Janの運営会社である、株式会社シグナルトークとの有償契約に基づき、執筆をしています。)

こんにちは、勝間和代です。

11月9日は、モンドTVの麻雀番組、バトルロイヤルの放送日です。こちらの番組は何をするかというと、プロ3組と、文化人1組が、それぞれ1組、4名ずつチームになって、4つの半局を戦って、総合点を競う番組です。

詳細はこちら。
麻雀 BATTLE ROYAL 生放送スペシャル!|MONDO TV

思い起こせば、ちょうど1年前、友人のゴルフコンペに出て、そこの夜の懇親会でたまたま同席した人たちと

「ゴルフの後に麻雀しよう」

という話から始まり、学生時代にやっていたきりの麻雀の記憶を呼び覚ますべく、オンライン麻雀 Maru-Janを始め、そして、そこから、世の中に売っているさまざまな麻雀の戦略書を読みあさり、それだけでは足りず、今年の4月からは社会人競技麻雀リーグに参加し、そして、そこでプロのみなさんにもまれながら、ひとつひとつ勉強してきました。

今年の5月は最強戦も出ましたが、あの頃は、今よりかなり弱かったので、予選を突破できませんでした。しくしく。だからこそ、今回のバトルロイヤルはがんばりたいです!!

Maru-Janだけではなく、天鳳もやっていますが、天鳳では特上卓という上から2番目の卓に上がった瞬間、初期は負けまくって、すぐに上級卓におっこったのですが、最近はようやく、特上でステイできるようになりました。目標は、一番上の鳳凰卓に今年中に上がることです。


>> 続きを読む...

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

(このコラムは、オンライン麻雀 Maru-Janの運営会社である、株式会社シグナルトークとの有償契約に基づき、執筆をしています。)

こんにちは、勝間和代です。

麻雀番組の解説に数回お伺いするようになって、少しずつ、私が麻雀をする、ということが広まってきたような気がします。ただ、麻雀番組、すみません、完全に解説内容について、賛否両論というか、否定が多いというかm(_ _)m。

私がいまいち、麻雀界のルールとか空気を読めていないので、気に障った皆様、本当に申し訳ないです。少しずつ勉強していきます。

さて、いくつかのところで公開していますが、私、来年の麻雀プロ試験を受けようかと思っています。受ける先は、最高位戦です。

最高位戦日本プロ麻雀協会

最初に社会人競技麻雀リーグで始めたときに習ったみなさんが、最高位戦のプロの方々でしたので、そのご縁から受けてみたいと思いました。

プロになるにはどうしたらいいかというと、年に2回の試験に

・ペーパー
・実技

で合格すればいいのですが、これがけっこう厳しく、合格率は10%未満です。ペーパーテストはこちらに過去問題があります。

最高位戦ニュース - 最高位戦日本プロ麻雀協会 -

>> 続きを読む...

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

(このコラムは、Maru-Janの運営会社である、株式会社シグナルトークとの有償契約に基づき、執筆をしています。)

こんにちは、勝間和代です。

先月から始めたMaru-Janオンライン麻雀プロへの道の連載、第3回になります。隔週水曜日に掲載されますので、よろしくお願いします。

まずは麻雀関係のニュースから。


勝間和代 麻雀テレビ生対局に登場 - 麻雀ニュース : ニッカンアミューズメント

 ◆麻雀 BATTLE ROYAL 生放送スペシャル! 11月9日午前10時から午後8時(最大延長同9時)に放送される、麻雀生対局番組。プロ3チーム、著名人1チームの計4チームによる団体戦で争われる。勝間は二階堂亜樹(女流モンド杯)、佐々木寿人(モンド杯)、前原雄大(モンド名人戦)との副将戦に登場する。

おかげさまで、今年のバトルロイヤルという麻雀の生放送番組に出演させていただくことになりました。モト冬樹さん、やくみつるさん、堀江貴文さんと4人のチームになります。

最近のメルマガその他のネタがゴルフや麻雀ばかりと揶揄されていますが、これだけ長い歴史があって、沢山のファンがいるのは、やはり本質的にゴルフも麻雀も

「おもしろいから」

ではないかと思っています。では、何がそんなにおもしろいのか。

>> 続きを読む...

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

新刊 稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術

発売になりました。どうやったら、「話」でお金を稼げるようになるか、という本です。

Kindleはこちら
Amazon.co.jp: 稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術 eBook: 勝間 和代: Kindleストア


紙の書籍はこちらです。
Amazon.co.jp: 稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術: 勝間 和代: 本


| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

(このコラムは、Maru-Janの運営会社である、株式会社シグナルトークとの有償契約に基づき、執筆をしています。)

こんにちは、勝間和代です。

今月から始めたMaru-Janオンライン麻雀プロへの道の連載、第2回になります。

前回の記事はこちら

Maru-Jan オンライン麻雀プロへの道 第1回 なぜ、45歳になっていまさら、麻雀にはまったのか- 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

まず、麻雀を始めたきっかけは、たまたまゴルフ仲間にコンペで誘われたから、という単純な理由なのですが、それが、いきなりはまってしまいました。

はまった、もっとも大きな理由は

「適度な刺激」「適度なランダムさ」「適度な効力感」

です。

完全に運ゲーでもないけれども、完全に実力ゲームでもない。その微妙なバランスが、中毒性をうむわけです。うまくいかないときには今度こそ、となり、うまくいったときには、次回も、となる、よくできているゲームです。

そして、続けている一番大きな理由は、ほんとうにそうなのですが、

「認知症の防止」

です。ここの記事に研究結果があります。

オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」と脳の認知機能の関係の検証結果

102歳の渋谷寿栄子さんの「長寿の秘訣」としての雀荘通いも有名ですよね?

出所 : 健康麻将in松本:102歳おめでとうございます。

>> 続きを読む...

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

(このコラムは、Maru-Janの運営会社である、株式会社シグナルトークとの有償契約に基づき、執筆をしています。)

今月から、隔週で

「Maru-Jan オンライン麻雀プロへの道」

という連載を、ブログで始めますので、どうかご愛読ください。

まず、いきなりですが、私、Maru-Janというオンライン麻雀から、このような「オンライン麻雀プロ」という称号を先日、いただきました。

10414630_677871702249339_7911755551

これは何かというと、Maru-Janというオンラインの麻雀サイトで、プロリーグ戦というのに参加して、D2から始まって、順々に勝ち抜き、A2以上になるともらえる賞状です。その称号の意味は、麻雀プロ並みの技能がある、という認定になります。

いまでも、ほぼ毎日麻雀を打っていますし、その様子があまりにも滑稽なので、週刊新潮のネタにされたりしましたが、本人はとても真剣です。それは何かというと

「いやぁ、こんなに楽しいこと、40半ばになるまで知らなくてもったいない」

という感じなのです。正直、ゴルフより、何よりはまりました。で、なぜそうなったのか、あるいは、麻雀に強くなりたい人がどうしたらいいのか、このコラムでつらつらと綴っていきたいと思います。

まず、麻雀の何が楽しいのか。

>> 続きを読む...

| 勝間和代公式ホームページに行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ